ケールの青汁はなぜ人気があるのか?ケール青汁の効果と経緯を知ろう

野菜不足でビタミン不足…青汁で補える?

 

ビタミン摂取の補助に最適

 

厚生労働省が勧めている野菜の1日の摂取量は350gとなります。
この量は、かなりのものとなるので、一人暮らしの人や忙しい人には、毎日確実に摂取するのは難しい量かもしれません。

 

そんな場合に、青汁を摂ることで、野菜不足から起こるビタミン不足を補うことが可能となります。
青汁はケールや大麦若葉などをはじめとする緑黄色野菜から作られている事が大半で、ビタミンA、B、C、Eなどを豊富に含んでいます。
ですから、普段から野菜不足の食事で悩んでいる人には、ぴったりの栄養補給食品といえるでしょう。

 

他の野菜も食べること

 

青汁を摂取することで、足りない栄養素を補うことが可能となりますが、野菜を食べずに青汁だけで済ませる、というスタイルはおすすめできません。
その理由は、青汁は特定の植物から作られているため、野菜を摂らずにこれのみを摂取していると、どうしても栄養に偏りが生じてしまいます。

 

野菜の摂取で大切なのは、ただ量を食べるだけでなく、色々な種類の野菜を食べることがとても大切なことです。
ですから、健康食品からの栄養補給はあくまでも補助的にものにして、なるべく多種類の食品を毎日摂取するように心がけることが健康への近道となります。